特定非営利活動法人たねの会

たねの会は,子どもたちがのびのび遊べるまちを考え、事業をおこなう特定非営利活動法人です。

未分類

「かつて子どもは猫だった?!」説

「遊び絵地図」で気づく。私たちが子どもだったころ

たねの会で運営している冒険はらっぱプレイパークでは一昨年度から毎年『子どもに関わる大人のための連続講座~冒険はらっぱでプレイワークを学ぶ~』をおこなっています。

その第1回目に「遊び絵地図」というワークをおこないました。

受講者ひとりひとりが自分の子どものころを振り返り、どこでどんなことをして遊んでいたかを簡単な絵地図に描き起こしてみるものです。

描き終わったら数人のグループで絵地図を見せ合いながら、どこでどんなことをして遊んでいたかをお互いに話して聞かせます。

話をきいてみると、それぞれの人が自分の家を中心に街のあちこちをフィールドに遊び回っていたことがよくわかります。公園や友達の家など今の子どもたちも遊んでいる場所以外にも、路上、空き地…そして本当は入ってはいけないような場所がどれだけ遊び場になっていたことか!!聞いてみるとみなそれぞれの場所でのお気に入りの遊びを持っていたのがとても面白いと思いました。地形やその場所の特性を使って巧みに遊んでいて、その豊かさに驚かされます。

近所の畑やよその家の塀の上、大学の跡地や土砂の集積場などなど…かつて子どもたちは本当は入ってはいけないところにもこっそり忍び込み遊んでいたんです。

大人の目を盗んでこっそり遊ぶ子どもたち、そしてそんな子どもたちを見つけた大人は「こら!まったく困った悪ガキめ!」と時に叱り飛ばしたしても、それ以上の問題にはならなかったのです。どこもかしこもフェンスだらけで注意看板だらけの昨今とは違って…。

所詮、子どもはこっそり忍び込んだ困った猫くらいにしか認識されていなかったんでしょうね。

子どもを「小さな大人」として見てない!?

それに引きかえ、今、私たちの社会は子どもたちを「小さな大人」として扱いすぎていないでしょうか?「うるさくするな」、「危なっかしいことをするな」と他人に迷惑をかけないことを求め、他愛のない一見ばかばかしいような遊びやふるまいを嫌い、小さな時から何かの目的に沿って、目標に向かって行動する人であることを求めすぎているように思うのです。

そしてそのくせ一方では、子どもたちを一人の個人として認めているとは言えない気もします。

子どもの時間を大人が良かれと思った予定で埋める。

子ども同士のけんかやトラブルを嫌い、子どもたちの間合いでトラブルを解決することを待つことができない…。

子どもを一人の「個」として認め、信じ、つらいけれども待つ、ということができないように思います。何か起きるとすぐに親や学校などの管理を求めすぎる風潮、感じないでしょうか?

それにしても、遊び絵地図を語る時間のなんと楽しいこと!

かつての猫たちは目をキラキラさせながら、自分たちの遊びの記憶を語るのでした。

今の子どもたちも20年後、30年後に楽しかった武勇伝を語れるかしら?

私たちも街のあちこちでそんなかわいい猫たちを見かけたいなぁと思うのです。

 

理事:安田あづさ

 

 

運動会ってだれのもの?

運動会前、憂鬱な時期

自宅前の小さな児童公園には、近くの保育園の子どもたちが毎日のように遊びに来る。

自宅リビングにいると聞こえてくる、子どもの遊ぶ声が好き。いつまでも聞いていたい幸せな音だ。

ただ、憂鬱になる時期がある。運動会前。夏休みが明けると、あっちでもこっちでも練習が始まり「あー、今年も始まった……」と。

私は未就学の子が、一糸乱れぬお遊戯を披露する立派な運動会が苦手だ。いや、嫌いだ。

公園では日々保育者が声を張り上げ、ときには怒声が響く。緊張しながら、先生の指示通りに必死に動く子どもの姿を目にするたび、浮かんでくる疑問。

「だれのための運動会? 保護者?保育士?」

でも、運動会で、立派なお遊戯をみて涙する親御さんを見ていると、こうした保護者の期待に応えるために、保育者はがんばっているんだな、と納得もする。

裏山での竹のぼりが最終演目の保育園

人の育ちを支える保育者は、先を見通して環境を整え、子どもの行為を広げ、多様な学びと世界とのかかわりをもたらす、プロフェッショナルなスキルと深い洞察力が求められるお仕事だ。

私の小学6年、1年の男児ともに、保育者の存在に親も支えられた。

なにより、「あなたが生きる世界には、信頼できる大人がたくさんいるよ」と伝えることができた、かけがえのない時間だった。

だからこそ、親と保育者は、子どもの育ちを支える両輪となり、保育の理念を共有する必要がある。

次男が通っていた保育園では、立派なお遊戯も、完成度の高い体操もない。ぶっつけで楽しめる親子競技や、運動遊びが中心。お遊戯もあるにはあるけれど、やらない子がいたり、バラバラなゆるーい感じがたまらなく愛おしい。

そして、「今年の運動会はどうするか」を子ども自身で話し合う。「発表会」も同じ。

そのプロセスをなにより大切にし、保育者は見守る。

多数決はせずに、少数の意見を汲みとり、時間をかけてまとめていく力は、穏便に物事を進めること、効率を重視することを優先した大人社会の暗黙のルールを知らないからこその、子どもの力だと、感嘆する。

運動会の最終演目は、普段遊んでいる裏山の竹林に移動して、年長児による「竹登り」。竹林のなかでどの竹を登るかを決めるところから、子どもは日々悩む。

登りたい竹が友達とかぶったりもして、ケンカもする。その小さな葛藤、選択、決断を積み重ねていく日々が、人生を自分の脚で歩いていく土台となる。

その日、竹をどこまでも登って行き、どや顔で私を見下ろしている姿を見てそう感じた。

私も、第1子の時は、毎日保育者から今日の出来栄えに点数をつけられるお遊戯を、目を細めながら見ていたし、感動もした。

こうした保育、行事のありかたがあたりまえだと思ってもいた。私自身が、「なにかができるようになること」を子育ての物差しにしていたのだと思う。

違和感をやり過ごさずに

でも、どこかに違和感があった。

この違和感にもやもやしながら、6年。なんだかおかしいんだよなあ、と考えて、探して、歩いていたら、「大人の声が聞こえない保育園」に出会えた。

行事前もキリキリした様子はなかったし、なによりも優先させていたのは、普段の遊び、子どもが主体的にかかわるためのプロセスだった。

子育てにひとつの答えはないし、色々な保育理念があっていい。子どもが主体となって練り上げ、運動会を完成させていく園もあるだろう。

息子は、そんな大人に指示されない保育園でのびのび育ったから、小学校に入学した時、少しだけ壁にぶつかった。

「のびのび育てたいけれど、小学校に入ってからが心配」。よく聞く声だ。

小学一年生を終えようとしている今、まだちょいちょい壁にぶつかっている息子を見ていて、つらくなる時もある。

そんな時は、あの日、竹を裸足ですいすいと登り、私を満足げな表情で見下ろしていた息子の顔、お迎えにいっても眼中なしで、「子どもだけの話し合い」を続けていた様子を思い出す。

「一度人生を自分の選択で選び取っていく自由を知った子は、自由を忘れない」。

そう、あなたなら大丈夫。

敬愛する保育者が贈ってくれたこの言葉をよりどころに、日々のんびりとではあるが、初等教育の現場への「違和感」と「子どもの今」に向き合っている。

理事:大武美緒子