特定非営利活動法人たねの会

たねの会は,子どもたちがのびのび遊べるまちを考え、事業をおこなう特定非営利活動法人です。

役員・定款

特定非営利活動法人たねの会

組織・役員


代表理事:佐藤美和(さとう みわ)

2003年公園にダンボールを持ち込み居合わせた人と遊ぶことから活動をはじめ、前⾝団体「さいたま冒険遊び場·たねの会」を発⾜。遊び場づくりやその立ち上げ支援等を⾏う。介護の仕事を経験したことで、よりその人がその人の人生を生きていくことのできる「まち」や社会のあり方や「遊び」の重要性に気づかされる。プレイワーカー。保育⼠。2児の⺟。

副代表理事/事務局:安田あづさ(やすだ あづさ)

世田谷の団地で名もない遊びに明け暮れ育つ。長男が2歳の時、公園での遊びの様子に漠然とした違和感を感じていた頃、冒険遊び場の存在を知り「これだ!」と雷に打たれる。その後「さいたま冒険遊び場・たねの会」に入会。副代表として、8年間別所沼プレーパークの運営に関わる。『子どもが遊べば社会が変わる!』と本気で信じる三児の母。

副代表理事:矢農祐規子(やのう ゆきこ)

 娘が3才の頃、土日に外遊びができる仲間を探していた折、友人よりプレーパークを紹介され、前身団体のさいたま冒険遊び場・たねの会に入った。その4年後に大宮プレーパーク実行委員会(現・大宮プレーパーク・ねっこの会)を立ち上げ、2016年度まで6年間代表を務めた。プレーパークで子どもや大人と何気ない会話をするのが楽しみ。

   理事:稲村健夫(いなむら たけお)


 一般社団法人イマココラボ代表理事。1999年からベンチャー企業の創業や海外現地法人の立ち上げなど、ビジネスの第一線で活躍する。20代からずっと関心のあった社会システムの在り方にこそ、楽しさを起点にしたポジティブアプローチ手法が機能すると考えて、カードゲーム「2030SDGs」を共同開発。2016年一般社団法人イマココラボを設立

   理事:大武美緒子(おおたけ みおこ)


フリーランス編集者・ライター。アウトドア関連の出版社をへてフリーに。登山はじめ、保育者向け雑誌などの執筆・編集に携わる。自身の子育てを通じて、大人のご都合、事なかれ主義で子どもが管理される環境に疑問をもち、たねの会の活動に参加する。著書に『山歩きレッスンブック』(JTBパブリッシング・共著)などがある。

   理事:下村 一(しもむら はじめ)

草加市立氷川児童センター館長。国立総合児童センター「こどもの城」の職員として、全国の児童館への支援に長く携わり、平成26年度から現職。武蔵野市にある境冒険遊び場公園の運営に開園前から地域住民として参画。子どもたちがのびのびと遊ぶことができ、その子らしく自由に過ごせる環境づくりに関心がある。趣味はサッカー、シニアリーグで現役続行中。

   理事:関戸 博樹(せきど ひろき)

フリーランスのプレイワーカー。プレーパーク、児童館、保育園・幼稚園など、全国の遊び場づくりに関わり、コーディネートやスタッフ研修を⾏っている。また、⻑男を⼦育て中の2年間に主夫として過ごした経験を活かした親向け講座なども⾏っている。無類の⾍好きで特にカマキリとの遭遇時はスーツを着ていても捕まえずにはいられない。⼤妻⼥⼦⼤学非常勤講師。著書に「⼦どもの放課後にかかわる⼈のQ&A50」(学⽂社・共著)がある。

 

理事:藤井良隆(ふじい よしたか)


臨床心理士。大阪で路地遊びで育つ。私立中学に進み地域と離れた寂しさを味わう。偏差値教育に疑問を持ちいい親になりたくて教育学に進む。結婚して子どもを持つ中で冒険遊び場に出会い、ありのままでいられる大きな愛に魅了される。埼玉医大総合医療センターでトラウマ発達凸凹外来を開く中で、冒険遊び場のまなざしの大切さを感じている。

 理事:渕野綾子(ふちの あやこ)


子育て中に冒険遊び場づくりに出会い、市民運営の魅力に取りつかれ、市民活動支援施設の運営にも携わるようになった。 自分たちのまちのことを自ら考える人たちと、大人も子どもも自分らしく過ごすことのできる場を一緒に作っていきたいと思っている。「NPO法人越谷にプレーパークをつくる会」代表理事。 宮代町立コミュニティセンター進修館職員

監事:隅田 敏 
弁護士/税理士/NPO法人ひかりの森理事