特定非営利活動法人たねの会

たねの会は、子どもたちがのびのび遊べるまちを考え、事業をおこなう特定非営利活動法人です。

ニュース

最終回を実施しました!子どもに関わる大人のための連続講座

「成長に役立つ振り返り」を学ぶ

共感コミュニケーション

7月7日からはじまったこの講座のまとめの回です。

今日のテーマは「成長に役立つ振り返りとは」

まずは8月4日の講座から今日までの間におこなった

現場実習を振り返ることころから始まりました。

受講者それぞれから発表してもらいました。

子ども達の遊びを邪魔するワークになっていなかったか、

遊びに入るタイミングやフェイドアウトする

タイミングがよかったのかなど、

子ども達との遊びを通した関係づくりに

真剣に向き合った様子がうかがえました。

また、プレーパークを運営する人たちや、施設の職員、

プレイワーカーの子どもとの向き合い方の質の高さや、

きめ細かな心配りに気づいた意見も多くありました。

現場実習のたびに記入した振り返りシート。

時系列で自分の行動を記入するのが難しかった

という意見もありました。

みなさんの発表からは今年の酷暑の中、

実習に真摯に取り組んでいた様子がよくわかりました。

そして今日の最後の回は「成長に役立つ振り返り」の方法を学びます。

講師は、理事の稲村健夫氏。

数々の企業研修も手掛けています。

振り返りと聞くと、できなかったことを詰め寄られたり、

反省したりする場面を思い起す方が多いと思います。

中には、人格否定にまでなり、それがいやになり

会社をやめるということもあるようです。

このような振り返りにならないための一つの方法

「共感コミュニケーション」を体験してもらいました。

これは、頭(思考)で判断したり批判したりする代わりに、

自分と相手の心の声に耳を傾け、

今の感情やニーズをお互いに明確にすることで、

共感しながらコミュニケーションすることです。

例えば、朝奥さんと今日はお互いに早く帰って

一緒に食事をしようと約束していたのに、

帰宅すると真っ暗。奥さんはまだ帰ってきていなかったことがあった場合、

「連絡ぐらいしてくれればいいのに」と

少しイラっとしているが、仕事の都合で遅くなったのだろうと、

頭で奥さんの行動を正当化し、自分自身を納得させたりします。

も本当の気持ち(ニーズ)は

「今日は一緒に食事をしたかった。」ということ。

そんな自分の気持ちに気づき、共感したならば、

後から帰ってきた奥さんにかける言葉も違うはず。

自分に対する共感の練習を行いました。

話しのテーマは「最近イライラしたこと」

3人で一つのグループをつくり、一人が話し手、

残りの二人が聞き手となり、これを交代でおこないました。

話し手は「最近イライラした」物語を

なるべく具体的に語ります。

聞き手はただ聞くだけ。

聞き終わったら「気持ち・感情の未完成リスト」から

言葉(単語)を選び話し手に投げかけます。

話し手は聞き手からもらった感情の言葉をかみしめ、

自分の気持ちの中にあるか、ないかをただ味わいます。

その後、話し手は感想を話します。

れを聞いた聞き手は「ニーズの未完成リスト」から

話し手の中にあるニーズを感じ

言葉(単語)を渡します。

最後に話し手は集まったニーズリストを並べて

見渡します。

すると、不思議とその人自身がどのようなものに

共感するのか傾向が見えてきたりします。

 

私たちが運営している冒険遊び場の現場では、

さまざまなな子ども達、親子がやってきます。

その中で、子ども達のありのままの姿や、

やりたいという気持ちに寄り添うためには、

彼らの気持ちに共感することが必要です。

その時に、自分自身の共感がどこにあるのか

感じられることはとても大切なことです。

講師の稲村さんがおっしゃっていました。

「自分への共感の幅は他人への共感の幅に比例する」

自分に対する共感を意識する。

そのための研修となりました。

(理事:渕野彩子)

 

 

実施中です! 子どもに関わる大人のための連続講座~地域の遊び場でプレイワークを学ぶ夏~

 

7月7日から行われている「たねの会」主催講座。

8月4日、第2回の机上講座

「子どもに関わる大人の役割とプレイワーク」を実施しました。

これまで13人の受講者は、これまでの各あそび場の

現場実習経験から、感じたことや気づいたことを報告。

〇「見張る」と「見守る」の違いに気づけた

〇子どもたちが未知を発見できる環境の保障が大切

〇場によって必要とされる大人のかかわり方は変化する

などなど。

たくさんの気づきを得られた実習となったようです。

プレイワーカー・当会理事で当講座の

全体コーディネートを務めるどっくんこと関戸博樹(当会理事)による

適切な大人のかかわり方を考えるための

「邪魔するワーク 寄り添うワーク」では、

子どもが目の前でしているあそびを

〇指示する、止める 頼まれていないのに手を貸す

〇行為そのものに寄り添う おもしろがる 認める

2つのパターンの行動を通じて、遊んでいる子ども側は

どう感じたかを発表し合いました。

介入の仕方によって、「自分を否定されたように感じて悲しくなった」

「自分を受け入れてくれていると思えて安心した」

このように感じ方が異なってくる。

子どもの気持ち、立場になって、

あの声掛けはよかったのかな?

そうふりかえるヒントになりますね。

続いて、埼玉医科大学総合医療センター メンタルクリニックで

トラウマや発達の凸凹治療にあたる臨床心理士・藤井良隆(当会理事)による講座。

「感情の調整力を育むには?」がテーマです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもをよい子に育てたいと願うなかで、

父親が「泣くな」「痛くない」と言えば強い子になるか?

母親が「怒らないの!」

といえば思いやりのある子になるか?

子どもの腦の発達の仕方をふまえて、

感情をコントロールする腦の神経が未発達な子どもは、

相手の気持ちや自分の気持ちがわからなくてあたりまえ。

周りの迷惑をかえりみず要求するエネルギーは、

そのまま生きる力である。

泣いて求めているときに、抱っこする、

安心・安全・心地よさを感じることで、

感情を安定させる神経が発達していく。

負の感情を、言葉にし「いやだったよね」と言葉にし

一緒に共感する。そうすることで、

不快な感情も安全に抱えられるようになり、

感情の調整力がついてくる。

といった内容でした。

人が感じるありのままの感情を受け入れ、

「自分がそう感じている以上、そう感じていいんだ」

と思えること。

これは、大人にとっても同じです。

親自身が子育てを通じて感じるネガティブな感情も否定せず、

そう感じていていいんだ、と自分自身を認めてあげる。

親自身が安心・安全を感じることのできる社会。

子どもが泣くこと、怒ることをおおらかに受け入れる

社会をつくること。

これは、たねの会が目指している社会の姿のひとつです。

この日の机上講座では、まとめとして関戸より

〇適切な大人のかかわり方を考えるためのヒント

〇リスクとハザード

についての話が。

 

 

まだまだ、まだまだ関戸の話、藤井の講座内容も

お伝えしたい内容は盛りだくさん……、

ぶんぶん、うなずきメモをとりながら聞いていた

熱心な受講生の皆さんからは、

その後も質問が相次いだのですが、

それは、またの機会にぜひ、関戸、藤井のお話を

ぜひ聞いてくださいね!

(たねの会理事:大武美緒子)

 

 

子どもに関わる大人のため連続講座 ~地域の遊び場でプレイワークを学ぶ夏~ 申込み受付中です→受付終了

昨年、大好評だった連続講座。
教員や幼稚園教諭、保育士、児童厚生員、
プレーリーダーなどの子ども関係の 仕事をしている方、今後したいと思っている方!
まちづくりや地域の市民活動に興味のある方。
子どものいる場所に関わっている方や、子育て中の方など、さまざまな立場、職業の方を対象に
座学と冒険遊び場などの現場実習を通して、子どもがいきいきと遊べる
環境をつくるために必要な知識や実践について学ぶ
今年も、実施中です。
 
「まちにあそびの種をまこう」
この講座を通して、実践していきたいと思っています。
■詳細は以下のチラシをクリックしてください。

冒険はらっぱプレイパーク」オープンしました!

2018年4月1日、さいたま市子ども家庭総合センター(あいぱれっと)(浦和区上木崎)の屋外に「冒険はらっぱプレイパーク」がオープンしました。

さいたま市の業務委託を受け、たねの会が運営しています。みんなで一緒に楽しい遊び場をつくっていきましょう♪

〈開園時間〉

月・木・金 10~13時

土・日・祝 13~17時(夏期4~10月)

      10~16時(冬期11~3月)

赤ちゃんから大人までだれでも遊べます。

申し込み・参加費はいりません。

汚れてもいい服装で来てくださいね。

着替えやお弁当があるとたくさん遊べますよ!

日々の遊びの様子は冒険はらっぱFBをご覧ください。

冒険はらっぱプレイパークHP

冒険はらっぱプレイパークチラシ

 

地域の遊び場で「プレイワーク」を学ぶ夏!!

将来、教員や幼稚園教諭、保育士、児童厚生員、プレイリーダーなど子ども関係の仕事がしたい方!
まちづくりや地域の市民活動に興味のある方!

この夏、座学・冒険遊び場などの現場実習を通して、子どもに関わる仕事や地域活動に役立つ「プレイワーク」を学びませんか?

感覚・スキル・知識の相乗的な学びをサポートします。

(主な対象は大学生です)

申込み:氏名・住所・電話・メールアドレス・所属・受講希望日・場所を明記の上、
7月20日(木)までに info@tanenokai.org あてメールでお申し込みください。

☜詳しくはPDFチラシをご覧ください